サイボーグ009 Wiki
Advertisement

1979年から1980年までの『サイボーグ009』のアニメ作品について記述する。

概要[]

テレビシリーズが1年間放送された後、劇場版が作られた。

テレビシリーズ概要[]

メインライターは酒井あきよしで18本を担当している。辻真先も第1話を書いている。スタッフとして、アニメーターの金田伊功(OP)、作画監督の芦田豊雄、演出の高橋良輔(ペンネーム・山口和十八を使用)らが参加した。

本編は『宇宙樹編』『戦士の休暇編』『ネオ・ブラック・ゴースト編』からなった。石ノ森の提示によりエッダ(北欧神話)編をベースにした宇宙樹編は、監督の高橋の手に余るという理由で9話で終了した[1]。「ミュートスサイボーグ編」のアニメ化の構想もあり、石森がラフデザインを描き下し、脚本も3話分の第1稿が完成していたが、実現しなかった[2]。ここでヘレンの代わりとして考案されたアルテミスは、2001年版のアニメに登場した。

『宇宙海賊キャプテンハーロック』の終了後に本作が放送された。本編開始前に、前夜祭と称して、スタジオに石ノ森や声優、一般のファンやキャロライン洋子南州太郎ほかの芸能人を集めた前宣伝の番組『サイボーグ009 前夜祭 アニメでフィーバー!』が2週にわたって放映された。

第1作で変更されたコスチューム・009の髪の色・007の年齢設定も、原作に準ずるものになっている。ただ加速装置については009のみが装備する特殊能力となり、002は装備しない。ただしネオ・ブラック・ゴーストのサイボーグの中には、加速装置が装着されていると思わしき描かれ方がされた場面もある。

放送データ[]

  • 1979年3月6日 - 1980年3月25日 全50話
  • テレビ朝日系 火曜19時 - 19時30分
  • 視聴率(数字はいずれもビデオリサーチ調べ / 関東地区)
  • 平均視聴率 10.6%
  • 最高視聴率 16.9%(第10話)

スタッフ[]

  • プロデューサー:小泉美明(テレビ朝日)、飯島敬鈴木武幸東映
  • 原作:石森章太郎
  • 音楽:すぎやまこういち
  • オープニングアニメーション:金田伊功
  • オープニング演出:広川和之
  • オープニング作画監督:富沢和雄、芦田豊雄
  • キャラクターデザイン、総作画監督:芦田豊雄
  • メカニック設計:サブマリン
  • 監督:高橋良輔
  • 総作画監督補:酒井明雄
  • 音響演出:太田克己
  • 編集:井上編集室
  • 特殊効果:柴田睦子
  • 設定制作:箕輪敦
  • 舞台設定:野々宮恒人、坂本信人、羽生厚、大山哲史
  • 美術:池田繁美、坂本信人、宮前光春、中野一郎
  • 製作担当:岩崎正美、長谷川徹
  • 製作協力:日本サンライズ
  • 制作:テレビ朝日東映

音楽[]

主題歌の作曲は『宇宙海賊キャプテンハーロック』に引き続き平尾昌晃が担当した。オープニングテーマ(OP)とエンディングテーマ(ED)の初出音盤は1979年3月に発売されたシングル(SCS-467)。

今回のアニメ化は、1975年に復活した原作漫画の流れと、1977年からのアニメブームの流れを受ける大作として期待され、そのOPを誰が歌うのかも注目された。しかし、当初は「アニメソング歌手としてのイメージが固まっていない人物」とのみ発表。後に成田賢だと明かされた。成田の歌手デビューはグループ・サウンズ時代に遡るが、アニメ・特撮ソングでは本作がデビュー作である。

なお、当時のアニメ・特撮作品は、OPの題名から番組名がわかるのが普通だったが、本作では題名のみならず歌詞にも「009」は含まれず、かろうじて「サイボーグ戦士」という歌詞があるのみである。OPの題名は「誰がために」(「がために」と読む)という、子供にとってはあまり馴染みがない文語的表現で、高年齢層向けであることをアピールした。

ED「いつの日か」は、OPのコーラスも担当したこおろぎ'73が歌唱。彼らはそれまでグループとしてのイメージが強かったが、Aパートはソロ歌唱になっている。

主題歌の編曲およびBGMの作曲・編曲は、前年公開の劇場版『科学忍者隊ガッチャマン』のBGMで実績を挙げていたすぎやまこういちが担当し、同作に続く組曲仕立てのLP「交響組曲 サイボーグ009」(CQ-7018)として、1979年5月に発売。なお、「組曲」には平尾作曲によるOPをモチーフにした曲も含まれていたが、すぎやま自身は「平尾君のメロディーを生かしきれなかった」と述懐している[3]

BGMの録音は合計3回にわたって行われた。「交響組曲 サイボーグ009」は第1回録音分にあたる。第2回・第3回録音分の曲はあまり使われなかったが、これについて、選曲の村田好次は「組曲が素晴らしいものだったため」と語っている。

1980年3月に発売された主題歌・挿入歌LP(CS-7174)には、OPとEDを含む全10曲が収録された。そのうち1曲は、スキャット入りのインストゥルメンタル曲だった。挿入歌の編曲はすべて、武市昌久が担当。また、成田賢が一部の挿入歌を作詞・作曲した。

これらのレコードおよびCDは全て日本コロムビアから発売。

主題歌[]

オープニングテーマ「誰がために」
作詞:石森章太郎 / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:すぎやまこういち / 歌:成田賢こおろぎ'73
エンディングテーマ「いつの日か」
作詞:石森章太郎 / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:すぎやまこういち / 歌:こおろぎ'73

挿入歌・イメージソング[]

「九つの命」
作詞:八手三郎 / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:武市昌久 / 歌:成田賢
「ジェットストリーム・ララバイ」
作詞:石森章太郎 / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:武市昌久 / 歌:こおろぎ'73
「やさしさは勇気 強さは愛」
作詞:石森章太郎 / 作詞補:保富康午 / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:武市昌久 / 歌:成田賢
「愛の星 フランソワーズ」
作詞:保富康午 / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:武市昌久 / 歌:かおりくみこ
「母は大地」
作詞:石森章太郎、成田賢 / 作曲:成田賢 / 編曲:武市昌久 / 歌:成田賢
「われら戦士 〜戦いのテーマ」
作詞:保富康午 / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:武市昌久 / 歌:こおろぎ'73、ザ・チャープス
「漂泊(さすらい)のテーマ」(スキャット曲)
作曲:平尾昌晃 / 編曲:武市昌久 / スキャット:佐々木襄
「闘いは終った」
作詞:八手三郎 / 作曲:平尾昌晃 / 編曲:武市昌久 / 歌:成田賢、こおろぎ'73

声の出演[]

  • 009:井上和彦
  • 003:杉山佳寿子
  • 001:千々松幸子
  • 002:野田圭一
  • 004:山田俊司
  • 005:田中崇
  • 006:はせさん治
  • 007:肝付兼太
  • 008:戸谷公次
  • ギルモア博士:富田耕生
  • ブラフマー:古川登志夫
  • ヴィシュヌ:田中崇
  • シヴァ:戸谷公次
  • ガンダール:中田浩二
  • ガモ博士:大竹宏渡部猛
  • キラードス:大竹宏
  • オーディン:永井一郎/笹岡繁蔵(ネオ・ブラックゴースト編)
  • ロキ田の中勇
  • トール柴田秀勝
  • フレイヤ吉田理保子
  • ナレーター:野田圭一

放送リスト[]

話数 サブタイトル 脚本 ストーリーボード 演出 作画監督 放送日
1 よみがえった神々 辻真先 小田経堂 広川和之 芦田豊雄 1979年
3月6日
2 氷にねむる巨人 酒井あきよし 山口和十八 滝沢敏文 3月13日
3 凱旋門の鬼 辻真先 西牧秀夫 三浦将則 3月20日
4 誇りに燃えよアフリカの星 広川和之 3月27日
5 巨人よ眠れ伝説の中に 山口和十八 滝沢敏文 4月3日
6 女神の涙なんかほしくない 酒井あきよし 布川ゆうじ 三浦将則 上村栄司 4月10日
7 神々の罠 丘克美 広川和之 芦田豊雄 4月17日
8 愛に響けバイオリン 滝沢敏文 アニメアール 4月24日
9 宇宙樹の村が呼んでいる 井上和夫 三浦将則 酒井明雄 5月1日
10 大西部に散った友情 山口和十八 広川和之 奥井一郎 5月8日
11 よみがえった幻の総統 吉川惣司 丘克美 滝沢敏文 酒井明雄 5月15日
12 闘うマシーンにはさせない! 辻真先 遠藤克己 三浦将則 芦田豊雄 5月22日
13 姿なき暗殺者 吉田喜昭 井上和夫 広川和之 井上和夫 5月29日
14 イルカにのった少年 吉川惣司 八尋旭 滝沢敏文 芦田豊雄 6月5日
15 恐怖の異常植物 吉田喜昭 井上和夫 三浦将則 アニメアール 6月12日
16 ウエストサイドの決闘 酒井あきよし 生頼昭憲 広川和之 上村栄司 6月26日
17 阻止せよ! Xの悲劇 吉田喜昭 八尋旭 滝沢敏文 酒井明雄 7月3日
18 我が心の吸血鬼 酒井あきよし 丘克美 広川和之 芦田豊雄 7月10日
19 人食いメルヘンランド 辻真先 吉田浩 三浦将則 山下征二 7月17日
20 裏切りの砂漠 酒井あきよし 遠藤克己 滝沢敏文 芦田豊雄 7月24日
21 永遠に眠れ 恐竜ディノニクス 桜井正明 吉田浩 井上和夫 7月31日
22 ネオ・ブラックゴーストの挑戦 吉田喜昭 八尋旭 三浦将則 小林慶輝 8月7日
23 死闘! V2作戦 山崎晴哉 吉田浩 広川和之 芦田豊雄 8月14日
24 世界平和会議を守れ! 新田義方 滝沢敏文 植田栄司 8月28日
25 優しきぼくらの父 ギルモア 酒井あきよし 生頼昭憲 三浦将則 山下征二 9月4日
26 追え! 熱砂の武器ルート 加藤有芳 丘克美 広川和之 酒井明雄 9月11日
27 美しく生きよ! 愛しき王女 安藤豊弘 さかいあきお 吉田浩 芦田豊雄 9月25日
28 サイボーグ帝国をたたけ! 吉田喜昭 八尋旭 滝沢敏文 井上和夫 10月2日
29 走れ! オスカー、平和を胸に! 桜井正明 吉田浩 三浦将則 小林慶輝 10月9日
30 ジョー! 父さんを追え! 酒井あきよし 遠藤克己 広川和之 芦田豊雄 10月16日
31 必殺キック! 決死の暗殺サッカー 山崎晴哉 吉田浩 滝沢敏文 上村栄司 10月30日
32 豪華客船フェアリー号の罠 辻真先 八尋旭 三浦将則 山下征二 11月6日
33 一人ぼっちの少年 加藤有芳 遠藤克己 鈴木行 芦田豊雄 11月20日
34 あした鳴れ 愛の鐘 安藤豊弘 丘克美 広川和之 井上和夫 11月27日
35 悲しき友情のケルン 吉田喜昭 生頼昭憲 滝沢敏文 芦田豊雄 12月4日
36 カジノ攻防戦! イカサマには替え玉を 山崎晴哉 八尋旭 三浦将則 上村栄司 12月11日
37 大森林からの脱出 酒井あきよし 遠藤克己 鈴木行 芦田豊雄 12月18日
38 百獣の王ライオン 野性の雄叫び 桜井正明 吉田浩 広川和之 酒井明雄 12月25日
39 大根役者に乾杯! 辻真先 滝沢敏文 芦田豊雄 1980年
1月8日
40 スピードに命を賭けた男 桜井正明 野田作樹 三浦将則 井上和夫 1月15日
41 悲しみは海の彼方に 安藤豊弘 吉田浩 鈴木行 1月22日
42 イワン、父を求めて! 酒井あきよし 遠藤克己 石崎すすむ 飯野皓 1月29日
43 あばけ! 三兄弟の秘密 辻真先 山口和十八 滝沢敏文 嶺松時文 2月5日
44 ネオ・ブラック・ゴーストの尻尾をつかめ! 酒井あきよし 吉田浩 三浦将則 芦田豊雄 2月12日
45 東洋のイエス(前編) 吉田喜昭 遠藤克己 鈴木行 井口宏一 2月19日
46 東洋のイエス(後編) 桜井正明 吉田浩 石崎すすむ 芦田豊雄 2月26日
47 四つ子の謎(前編) 酒井あきよし 滝沢敏文 3月4日
48 四つ子の謎(後編) 望月敬一郎 三浦将則 飯野皓 3月11日
49 倒せ! 恐怖のシャングリラ計画 遠藤克己 滝沢敏文 上村栄司 3月18日
50 ネオ・ブラック・ゴーストの最期 吉田浩 石崎すすむ 芦田豊雄 3月25日

劇場版[]

出典・脚注[]

  1. 「高橋良輔ロングインタビュー」『ドキュメント・ボトムズ 高橋良輔アニメの世界』霜月たかなか編著、三一書房、2000年、p.27
  2. 「ネオブラックゴーストのあとはミュートス・サイボーグ編を企画していた」『アニメージュ』1980年5月号、pp.34-35。
  3. LP「交響組曲 サイボーグ009」の解説書に掲載された対談より。この対談は復刻CD版「交響組曲 サイボーグ009」の付属ブックレットにも転載されている。ちなみに、OP・EDはLP版「交響組曲 サイボーグ009」には収録されなかったが、復刻CD版には収録された。
Advertisement