サイボーグ009 Wiki
Advertisement

エンキドゥは、『イシュタルの竜編』に登場するキャラクター。

概要[]

メソポタミア神話の「エンキドゥ」と同じ名を持つ男性で、「女王」と呼ぶイシュタルに仕えている。

しかし、実際は古代の遺跡から発見された男性のミイラ[1]から作り出されたクローンであり、自身もその事を知っていた。ジェット・リンクに嫉妬に近い感情を向け、「代わり」がいるイシュタルを始末しようとするなど、気性が荒い。

出典・脚注[]

  1. エンキドゥは、催眠術など特殊な能力を持つ事から、クローンのオリジナルとなるこの男性も特殊な能力を持つ人間(もしくは、神)であった可能性が高い。
Advertisement