サイボーグ009 Wiki
Advertisement

未来人は、未来から来た人間もしくは、それ以外の知的生命体。

移民[]

『移民編』と『時空間漂流民編』に登場。最終戦争(ハルマゲドン)で荒廃した地球で生き残った人類たち。自身らが移住できる

リナ(声:旧昭和版アニメ・栗葉子
『移民編』に登場。未来から来た女性。未来から現代への移民計画のために派遣された工作員で、コードネームは「F-502」。未来の地球人は、度重なる戦争のせいで突然変異した巨大昆虫や食人植物によって手足を食べられたり醜い顔になったりし、その傷付いた部分は作られた肉体で補っている者がほとんどだが、彼女は奇跡的に足の噛み跡程度で済んだ。
(改訂前の原作では、未来の地球人は放射線により醜い奇形が多発しているが、彼女は足の指が6本あるという奇形のみで済んだ、という設定だった)
平成版アニメではミュータント戦士でゼロゼロナンバーの前に立ちはだかる。
リナの兄 / ジャック(旧昭和版アニメ)
『移民編』に登場。未来から来た男性。リナの兄で彼女と同じく移民計画の工作員、コードネームは「F-501」。食人植物によって両腕を失い、義手をつけている。現代で事故に巻き込まれて義手を紛失したため、組織の仲間に消された。
旧昭和版アニメではリナの恋人という設定。
平成版アニメでは彼をモデルにした未来の男性「ニコル」が登場する。
司令官 / ノア(旧昭和版アニメ、声:市川治
『移民編』『時空間漂流民編』に登場。未来から来た男性。未来から現代への移民を計画する組織の指揮官。頭の右半分を覆い、左目はサングラスのレンズのようなもので隠している。基本的に目的のためなら手段を選ばないが、考え方は穏健派に近いため、移民推進派の部下から裏切られた。人類誕生前の時代へのタイムトラベルが可能になったため移住先を変更、同時に自分が009=ジョーと003=フランソワーズの子孫であることを告げた。
『時空間漂流民編』では脱出反対派のボスであり、003=フランソワーズが脱出強行派に狙われる原因となった。009=ジョーが脱出強行派に囚われた際、円盤機で救出に来たが攻撃を受けて墜落。残骸の下で耳から血を流して倒れていた。
旧昭和版アニメではリナの兄という設定。


移民の関係者[]

ミー
『時空間漂流民編』に登場。時空を越えてやって来た女性。霊感美少女「田代ミー」として話題となっている不良少女。実は縄文時代の人間で、「神々」である脱出強行派から009=ジョーの抹殺指令を受けていたが、009=ジョーに一目惚れしたため、縄文時代へ連れ戻された。「神々」の計画を潰すため縄文時代に来た009=ジョーと再会、一緒に現代へ戻ろうとした際に攻撃され、行方不明となった。
平成版アニメではミュータント戦士としてゼロゼロナンバーの前に立ちふさがる。原作とは違い顔はアルベルトに似ている。
サンジェルマン
『時空間漂流民編』に登場。口元から膝辺りまでを覆う黒いマントと黒い高帽子が特徴。脱出反対派に属し、歴史の改変を防ぐためにゼロゼロナンバーと共闘する。ただし目的のためには手段を選ばない面も持つ。
原作では『海底ピラミッド編』と『時空間漂流民編』に登場するが、各話で登場するのは同名の異なる存在と思われる。作者は史料中の描写から時間旅行者であると解釈し、これを解説する短編も描いている。
『海底ピラミッド編』ではスウェーデンボルグ伯爵とも名乗っている。意図的に文明の進化を促す、敵とも味方ともつかない、地球人であるかすら不明の謎の人物である。

ミュータント戦士[]

リナ(声:平成版アニメ・園崎未恵
平成版アニメではミュータント戦士でゼロゼロナンバーの前に立ちはだかる。
ケイン(平成版アニメ、声:森川智之
平成版アニメではジャックをモデルにしたミュータント戦士。性格は司令官とは反対に、好戦的で残虐非道。
ミー(声:平成版アニメ・朴璐美
平成版アニメではミュータント戦士としてゼロゼロナンバーの前に立ちふさがる。原作とは違い顔はアルベルトに似ている。

ミュータント戦士の関係者[]

ニコル(平成版アニメ、声:河相智哉
平成版アニメではノアをモデルにした未来の男性。

出典・脚注[]

Advertisement