サイボーグ009 Wiki
Advertisement

黒い幽霊団(ブラック・ゴースト)は、『サイボーグ009』に登場する組織。

概要[]

『誕生編』『地下帝国ヨミ編』及び旧昭和版アニメと平成版アニメに登場。ゼロゼロナンバーの生みの親にして最大の敵。

世界に死と戦争を撒き散らし、利益を得る「死の商人」。兵器製造企業や銀行家など戦争によって利益を得る組織や団体が資金を出し合って設立した世界規模の軍産複合体。

軍需産業を営みながら、民族運動や反政府運動を影から操り、世界情勢をも操作している、そのため、非合法組織だが冷戦下にある各国(の上層部)からはその存在を黙認されている。

冷戦の水面下で世界征服の野望を抱く第三勢力でもある。最終目的は、彼らの開発した商品(サイボーグ)により人類の滅亡(核戦争)を回避した形でアメリカ合衆国とソビエト連邦の全面戦争を引き起こし、両国が弱体化し国際的指導力を失った際に台頭、世界を管理・支配することである。

その技術力はサイボーグ開発やロボット技術の軍事転用、レーザー兵器の製造、量産など、すでに両大国を上回っている。その内情は、まさに民間軍事会社であり、紛争中の国家とその反対勢力の双方に兵器や戦闘要員を投入し、利益を上げている。指揮系統は国家の有する軍部のそれとさほど変わらないと思われ、その内部には、世界中からスカウトした科学者や技術者達からなる研究組織が存在しているが、組織内部の詳細については謎の点が多い。

拠点は世界各地に存在し、組織全体の本拠地は地下帝国ヨミである。

彼らを倒しても別の者達が新たに争いを引き起こし、さらに再編成されてネオ・ブラックゴースト(新・黒い幽霊団)となる。ブラックゴーストの真の正体は、決して消えることのない人間の欲望そのものである。

ネオ・ブラックゴーストの行方を追跡していれば「神々との戦い」が早まっていたというナレーションが『黄金の三角地帯編』に登場するが、その描写が『天使編』あるいは『神々との闘い編』とどのような繋がりを持つかは明らかにされていない。

首領・幹部[]

ジュリア・マノーダ
『北極の幽霊編』に登場するネオ・ブラックゴーストの大幹部で、ナチスドイツやソビエト連邦で核開発を主導していた核物理学・原子力工学の権威。ナチスの敗戦直前にプロトタイプの水爆を試作し、『ネオ・ブラックゴースト編』で発電用の核融合炉を作り出すほどの天才。世界中の油田の原油をゲル化させてエネルギー危機を引き起こし、ゼロゼロナンバーとギルモア博士を挑発、北極のネオ・ブラックゴースト基地に呼び寄せた。
かつてブラックゴーストに誘拐されサイボーグの開発に携わっており、当時ギルモア博士とは相思相愛の仲だった。しかしブラックゴーストに従順だったため、ゼロゼロナンバーの造反計画から除外され、ギルモア博士に対して愛憎半ばする複雑な感情を抱いている。
主目的が自分を捨てた恋人への復讐であり、組織を完全に私物化している上に、経済混乱、気象衛星の乗っ取りや世界各国への脅迫など、「武器や麻薬の販売による金儲け」「その資金力を使った世界の陰からの支配」を目的とするブラックゴーストの理念からは外れた狂的な行動が目立つ。ただし、自分の娘を捨てたことへの罪悪感は見せており、スカール達とは違って若干の良心は残っている。幼少時代、弟と火薬で遊んでいたところ、火薬が爆発。弟は死んでしまい、自身も顔にひどい火傷を負う(ギルモア博士によってうまく整形してもらうが、彼とのいさかいや憎しみから顔の皮膚がはがれていく描写がある)。最期は自殺した娘、安奈の亡骸を抱き、ゼロゼロナンバーとギルモア博士に石油を元に戻す方法を教えた後、アジトと共に自爆した。

総統[]

原作では巨大な魔神像が総統とされ、旧昭和版アニメでは不気味な人形の姿が、昭和版劇場アニメでは人の脳を搭載した巨大コンピューターが総統とされていた。

00ナンバーサイボーグ[]

00ナンバーサイボーグを参照。

サイボーグマン[]

サイボーグマンを参照。

ミュートス・サイボーグ[]

ミュートス・サイボーグを参照。

ジョーの旧友たち[]

『地下帝国ヨミ編』に登場。009=ジョーの鑑別所時代の友人達で、出所してからは真面目に働き、レーサーとなった009=ジョーと偶然再会する。実は、009=ジョーの不良仲間であったためブラックゴーストに目を付けられ、009=ジョーを抹殺すべくサイボーグに改造されていた。いつ爆発するか分からない爆弾が内蔵されており、そのためブラックゴーストの命令に逆らえなかった。最期は全員一緒に爆死した。

プワ・ワーク人[]

出典・脚注[]


関連項目[]

Advertisement